CAVI検査で動脈硬化になっていないか調べる

CAVI検査で動脈硬化になっていないか調べる

動脈硬化というのは、まず自覚症状がないまま、病状が進行していくことになります。この動脈硬化を手軽に見つけることができるようになっているのが、CAVI検査といわれる方法となっています。

 

仰向けの状態で寝て、両足首と両腕の血圧を測り、なおかつ脳波も調べます。検査時間は5分くらいですから時間を取られてしまうこともありません。なおかつ、検査結果はすぐに分かるようになっていますから、その時に結果を教えてもらうことができるので、日を改めなくてはならないという手間もないのです。CAVI検査をする場合、血管年齢や動脈の柔らかさ、動脈の詰まりを調べることになります。

 

血管の詰まり、硬さを解消するには血液をサラサラにするしかありません。詳しくは血液サラサラにする方法ガイド【血液サラサラ研究会】を参考に。

 

まず動脈の柔らかさを意味しているのが、CAVIなのです。

 

動脈は、心臓から体に血液を送るためのとても大切な血管となっています。ポンプのように伸縮をしていますから、その伸縮具合を見ることによって、動脈がどれくらい硬くなっているのかを調べることができるように案っているのです。

 

動脈硬化が進行しているのであれば、このCAVIの数値がそれだけ高くなることになります。CAVIの数値が9.0以上になっているのであれば、心臓や脳の動脈が硬くなってしまっている可能性が5割ほどということになります。そして、ABIという数値で足の動脈が詰まっているかどうかを調べることができるようになっています。

 

 

ですから、脚と腕の血圧の数値を比較することによって、足の動脈が詰まっているかどうかを調べることができるようになっているのです。ABI値が0.9を下回っているのであれば、足の動脈が詰まっている疑いがもたれるようになります。

 

そして、CAVI検査をすることによって、同じ年代の人たちと数値を比べることができるようになります。ですから、同じ年齢の平均の数値と比較することによって、血管年齢が若いかどうかを調べることができるようになっているのです。血管年齢が若いのであれば、それだけ動脈硬化の疑いも低くなりますし、反対に若くないのであれば動脈硬化の疑いがもたれるということになります。

 

この他にも、超音波や血液検査、血圧測定をすることで動脈硬化を調べる方法もあります。