アルギニンで骨を丈夫に

アルギニンで骨を丈夫に

アルギニンの大きな作用に、成長ホルモンの分泌を促進するということがあります。成長ホルモンの分泌が活発になるとどのようなメリットがあるか、お話ししましょう。

 

頑丈な骨が育つ

 

成長ホルモンの分泌が活発になれば、身長はもちろんのこと体全体がよく育つようになります。筋肉も骨も成長するので、近年女性に多く見られがちな骨粗しょう症の心配もなくなりますね。

 

カルシウムは美肌にも欠かせない成分ですから、骨が弱いのは美容にも健康にもよくないのです。高齢になってくると骨が弱ってきてちょっとぶつけただけで骨折してしまうことがよくありますが、その前に骨をしっかり育てておけば安心です。

 

因みに、筋肉が育つのは困るという女性もいるかもしれませんが、筋肉が少ないと代謝が悪い体になってしまいます。

 

太りやすく痩せにくい体質を招いてしまうので、適度な筋肉量は保っておいたほうがよいのです。アルギニンを摂取しておくことで成長ホルモンが分泌されて筋肉もしっかり育つなら、言うことありませんね。

 

食事と運動を大切に

 

体をまったく動かさない人が、アルギニンだけで身長を伸ばそうとしても無理があります。身長の伸び方には個人差があり、それは体にとりこまれる栄養の内容と吸収のされ方、エネルギーとしてどう使われるかにもよってきて単純にはいかないのです。

 

もともと体型の違う人が同じ運動をしても効果が違うように、アルギニンを同じだけとっても同じように体内で使われるとは限りません。

 

基本的には、アルギニン以外の栄養もバランスよくとること、それを運動で使って効率よくエネルギーに変えることが大切です。

 

成長ホルモンがもっとも分泌されるのは寝ている間といわれていますから、睡眠時間を削ってしまうのも問題です。

 

生活習慣を整えることもアルギニンの摂取とあわせて行うことで、アルギニンの効果を十分発揮させることができるでしょう。