アルギニンで血行改善

アルギニンで血行改善

血管が収縮した状態にあると、健康に様々な被害がおよんできます。なぜかというと、血液が流れにくくなるからです。

 

血液がスムーズに流れなくなると、体が冷えやすくなり、代謝が悪くなってむくみが出たり、肌も荒れてきます。

 

動脈硬化の危険が出てきたり、男性にとっては勃起力が衰えるなどの困った事態にもなりかねません。男性に多い抜け毛や薄毛なども、頭部の毛細血管が収縮することが一つの原因といわれています。

 

このように体中のいろいろな機能に影響を与えてしまう血管の収縮を防ぐのになぜアルギニンが良いのか、お話しましょう。

 

一酸化窒素を作るアルギニン

 

血管が収縮しないようにして、拡張させようと働くのが一酸化窒素です。一酸化窒素の働きについては、1998年のノーベル医学・生理学賞を受賞したことからも信頼できる事実です。

 

一酸化窒素を増やすことが血管を強化して健康を増進させてくれるということが、受賞した博士による著書としても出版されています。

 

体内で一酸化窒素が出来るには、一酸化窒素合成酵素とアルギニンが必要なのです。

 

血管が丈夫になることによるメリット

 

アルギニンをしっかり摂取して一酸化窒素合成に役立てると、血管が丈夫になります。血管が太くなってくれば、血液が流れやすくなることから、酸素や栄養をより多く必要な場所に届けやすくなります。

 

栄養はたっぷりとっているはずなのに体調が何となく悪いという人は、アルギニンを試してみませんか?冷え性や高血圧も改善されて、筋肉へのエネルギーの供給もアップするはずです。

 

体が弱っている人は元気に、もともと元気な人はよりパワフルにしてくれるのがアルギニンの血行改善効果なのです。